熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トロイカ鈴の音色を変えてみよう!

bell13


クリスマスのベルで、めっちゃ忙しかったトロイカ鈴のカスタム。

ついでに、沢山ピカピカに研磨したので、

この機会に、前からやりたかった、熊鈴の共鳴プレートを製作しました。

このトロイカ鈴は、通常、革ベルトに直接リベットで取り付けられるため、

どうしても、ベルのバイブレーションが、革に吸収されてしまいます。

当たり前と言えば、それまでですが????

ただでさえ、余韻が短く響かないのに・・・。

しかも、2個のベルが音階をめちゃめちゃ無視した組み合わせ。

チューニングのずれた楽器というか、フレット音痴のギターのよう!

早速、ロングサスティーンへ改良してみましょう。

まずは手始めに、共鳴を増幅させるべく、真鍮プレートにトロイカ鈴を取り付けて、

これを一つのユニットとして、革ベルトに取り付けることにしました。

名付けて「共鳴プレートユニット」

トロイカ鈴は全面鏡面加工でピカピカに、

真鍮プレートはヘアラインを入れて、やや艶消し、

そして真鍮カシメは、ピカピカ!

このコントラストが、実に美しいでしょう????

ついでに、かっこよくカシメにて4点止めにしてみました。

もちろん、使い勝手を考慮して、

どこでも下げやすく、取り付け可能なホック式の革ベルトを装着 。

ベルト幅は2センチ、ループは6センチもあるので、取り付けの自由度を大幅改善 ↓

bell12

これで、今まで腰ベルトにしか取り付けできなかった問題を、

無事に解決し、カバンやリュックなどにも取り付け可能!

見た目にも、かなり気にってます。

通常の「南部熊鈴」と呼ばれるタイプと比較してみましょう↓

bell11

使い勝手、ビジュアルもこれで満足、満足!

肝心の音は、これまた、今まで聞いたことがない音。

「ベルが鳴る」と言うより、

「共鳴プレートユニット」そのものが一つの音源となったような、

実にアコースティックな雰囲気のある音に仕上がりました!

エアー感と広がりのあるアコースティックなベルの出来上がり!

カバンに付けても、ファッショナブル!

山歩き以外でも、町の中で付けても違和感なしってところでしょうか???

次回は、汚い共鳴を美しいユニゾンサウンドへ挑戦してみましょう!

音痴からハーモニーサウンドへ挑戦です。

続きは、また、暇になったら更新!


関連記事

| トロイカ鈴 | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://brass2008.blog49.fc2.com/tb.php/60-e4ee93ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT