熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

超大音量の熊鈴 200メートル先まで余裕で聞こえます!

間違いなく、日本一の大音量の熊よけ鈴。

本日の話題は、コレです。

大音量・超特大の熊鈴といっても、

昨今では、他人の迷惑にならないように、

熊よけ鈴の音について、マナーが確立されつつあるようです。

まっ、他人に出会うようなエリアは、所詮、ハイキング気分のおままごと。

人気の全くない、前人未到の山の奥地のようなところでは、

自分以外に他人に合うことは全くない。

むしろ、偶然にも他人にあったら、逆に「ほっとする」そんな原野で活動される方もいらっしゃるでしょう。

さて、本題の熊鈴は、

クダグダ説教をたれるよりも、

この画像をご覧ください。

業務用の「大型熊鈴 アルトフォン」との比較です。

じゃ~ん! コレだ~↓

a_20130528122210.jpg

あの特大熊鈴がまるでオモチャのよう・・。

下から見てみましょう

迫力満点です。

もはや、特大とか大型とか、

そんな言葉では語りきれません。

これだ!

b_20130528122211.jpg


この鐘の重量は、450gと、まさにヘビー級!

これでも、このサイズの迫力がピンと来ない方には、

セロテープをご想像ください。

一般的なセロテープの口径は95ミリ程度です。

比較してみると 

コレ ↓

c_20130528122213.jpg

ハッキリ申し上げまして、

ベルの中に、セロテープがスッポリ入ってしまいます。

こんな鐘を、平気で軽々と持ち歩き、

平然と使い倒す北海道からのオーダーです。

開拓精神のスピリッツを感じます。

ちなみに、北海道へ開拓のために入植された方は、我が富山県民が一番多かったそうです。

この口径は、ガーディアンのちょうど2倍の110ミリ。

北海道の原野で、是非この熊鈴をご活用ください。

以上、ブラスワンからのメッセージでした。
関連記事

| 熊鈴(熊よけ鈴) | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://brass2008.blog49.fc2.com/tb.php/208-3046095b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT