熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真鍮製熊鈴の味わい あなたはどっち派?

本日の話題。

真鍮は、渋く味わうか?

それとも、ピカピカを楽しむか?

真鍮に限らず、金属は性質上錆びるのが一般的。

金のようにイオン化傾向が安定しているものがありますが、

我々が日常的に接する金属は、まず錆びます。

サビとは、空気中の成分と反応して、

金属が違うものへ変化することです。

酸化といわれるものや硫化といわれるものがありますね。

また、面白いことに、

サビは、その金属独特の色合いを出してきます。

鉄:赤茶色

銀:黒っぽい

アルミ:白

銅:緑

など、ほとんど普段の生活で見かけます。

これらは、全部サビです。

ところで、真鍮のサビの色は、

初期状態は、濃い黄色って感じ。

次第に黒っぽくなってきます。

毎日使って擦れる部分は、金色に輝き、

あまり擦れないところから、次第に黒っぽくなってきます。

さて、このサビ具合なんですけど・・・

渋みと捕らえて、大好きな人は、お手入れなしに使いっぱなしでOK!

ピカピカ派の方は、

研磨剤で磨いてあげると、綺麗さっぱり、あら不思議。

元通りに戻ります。

初期の状態であれば、市販の金属磨きで綺麗になりますので、

ぜひお試しあれ。

あまりサビが進行してしまうと、

機械にて再研磨となります。

ちなみに市販の研磨剤で磨いてみましてので、

ご参考にどうぞ!

サンプルベル:1ヶ月ほど前に、手でぺたぺた触って放置したマスターピース(000 of 108)

これ ↓

a_20120720153430.jpg


左半分だけ磨いてみました

これ↓

b_20120720153429.jpg


ぜーんぶ丸ごと磨くと

これ↓

c_20120720153428.jpg

ご覧の通り、ピカピカです。

サビがあまりにもひどい場合は、

機械で磨き上げることになります。

機械研磨については、以前の

真鍮ベルをピカピカにしてみよう

をご覧ください。

さて、アナタは、どっち派でしたか??
関連記事

| 熊鈴(熊よけ鈴) | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://brass2008.blog49.fc2.com/tb.php/176-a6dac56c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT