熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クマ鈴の名前はどうする??

名前が決まりました。

何の名前???って

熊すずの名前です。

【熊よけ~る】 にするか??

それとも、

【カノン】 にするのか??

かなりの時間と論議を重ねて、

迷いに迷ったあげく、【カノン】。

この意味不明な「カノン」という名前。

「一体、何それ???」って突っ込まれそうなネーミングをあえて採用しました。

どう考えても「熊よけ~る」の方が、分かりやすい。

なぜ、こうなったかと言えば、

今回の名前の由来は、

「販売店への配慮」

が必要不可欠になってます。

釣具屋さんや登山の専門店、あるいは、ホームセンターなどで販売するのであれば、

「熊よけ~る」に軍配が上がる。

ところが、今回の熊鈴は、

あるスペースで展示販売することを計画しているため、

ふざけたネーミングでは困るらしい。

簡単にいえば、

「売り場のイメージに合わせてね!」

そういうことである。



前置きが長くなりましたが、

カノンの由来について、ちょこっとウンチクを!

カノンという名前自体は、

誰もが耳にしたことのあるクラッシック楽曲のタイトルでおなじみ。

本来の意味は、作曲技法のひとつの名前。

時代によって、その意味合いは変わるものですが、

現代では、コード進行とか、輪唱とか、そんな語感をもつ名詞です。

では、どうして熊鈴がカノンなのか??

それは、ベルが単なる音を出す道具では無く、

風の音、川のせせらぎ、鳥たちのさえずり、

そんな自然の音たちと一緒に、ベルの音が一つの楽曲のように調和してもらいたい。

そんな意味合いを込めてます。

もちろん、音の高さは「鈴虫たちの音域帯」の4000HZである。

漢字表記は「神音」。

ローマ字表記は「KANON」

販売開始まで、今しばらくお待ちください。

詳細は、ホームページ

高周波熊鈴 カノン

をご覧ください。


以上、お知らせでした。

関連記事

| カノン | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://brass2008.blog49.fc2.com/tb.php/104-064343a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT