熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

2020年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アウトレット情報

本日のアウトレット情報はコレ!

a_20201121202823f28.jpg

以前、10周年記念モデルの時に製作たゴールドパーツ仕様の「TS-1」です。

ヴィトンのモノグラムよろしく、焦げ茶にゴールドの取り合わせは高貴な印象です。

フック部分がレギュラーのニッケルからゴールドへ変更されています。

a2_20201121202825e3d.jpg

アウトレットな部分は、革が弊社基準値に満たないためアウトレットとなっております。

そのため、裏側にBスタンプ有ります。

a3_20201121202826302.jpg

鈴は、普通のタイプで、切込みカッターの刃の跡がそのままです。

a4_20201121202828978.jpg

フックがゴールドになっただけですが、

見た目の印象はちょっとした「特別感」を感じますね。

この機会にどうぞ!

| アウトレット情報 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10年目のマイナーチェンジ 熊鈴ガーディアン

ブラスワンの熊鈴で、最も売れているシリーズが「ガーディアン」

発売から10年が経過し、マーケットからの反応も変わってきました。

そこで、音程の弊社規定を変更いたします。

現状は、400HZを境に、

低いタイプはレギュラー音域、

高いタイプは高周波モデルとしてます。

変更後の設定は、C8音域(4,186HZ)を狙った1タイプへ統合いたします。

時期は、次回生産ロットからになります。

モデル名前は、4Khzを引き継ぐ形を予定しています。

よろしくお願いいたします。

| 新型熊鈴 ガーディアン | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今さら聞けない、ストラップボタンの硬さ調整方法

ボタン式レザーストラップの硬さ調整方法

硬い、緩いなどはパーツを太くしたり細くしたりして簡単に調整できます。

まずは、この画像をご覧ください。

q_2020110420021754a.jpg

ボタンのこちらの部分を加工します。

1:開閉を硬くする場合は、この部分を太くすると隙間が狭くなり硬くなります。

2:緩くしたい場合は、逆に細くしてあげると隙間が広がって緩くなります。

ではどうすれば、簡単にできるのか?

硬くする場合は、

●ペンチなどで挟んで、少し変形させます。
●セロテープなどを巻いて太くする(すぐ剥がれますので、剥がれたら交換してください)

緩くする場合は、

●金属ヤスリで、少し削ります。少しづつ削りながら、お好みの緩さまで部分的に削っていきます。

削りすぎるとゆるゆるになるので、チビチビ削ってください。

お試しください。


| レザーストラップ | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |