熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

熊よけ鈴の振り子(玉)交換 速い・安い・簡単!

さて、本日の話題は、熊よけ鈴の振り子のお話です。

振り子を失くしてしまった方、また、交換される方などへ。

鈴の振り子(舌)は、ベルのサイズによって下げる長さが異なります。

弊社では、振り子も販売しておりますが、

ベルそれぞれ吊り下げる長さが異なるため、

振り子の玉のみの販売になります。

ベルに取り付けるためには、今お使いの鈴に合わせたサイズの吊り下げ部分をご用意して頂くこととなります。

そこで、今回は、

速い!・安い!・簡単!の3拍子揃った方法をご紹介します。

ご用意して頂くものは、コレ!

tama1.jpg

わざわざ買わなくても、机の引き出しの隅などにありませんか??

ない場合は、108円を握りしめて100円ショップなどへ行けばまず手に入ります。

これをどうするか?

まずは、この曲ったクリップを伸ばします。

tama2.jpg

続いて、ベルの玉を通す輪をつっくって玉を通します。

tama3.jpg

あとは、ベルのサイズに合わせて要らない部分を切り取って、

先ほどを同じように輪を作って完成です。

tama4.jpg

手早い方であれば1~2分で終わると思います。

ゆっくり、じっくりやっても5分ほでしょうか??

この方法は、安い、早い、簡単なので、どなたにもおすすめします。

以上、ブラスワンからのお知らせでした。

| 熊鈴(熊よけ鈴) | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熊よけ鈴 高周波モデル 品薄警報発令!

品薄警報! 本日発令。

対象商品:ガーディアン高周波モデル

(品番に4Kが入るモデル)

カラビナモデル、レザーモデルともに在庫量が非常に少ないです。

次回入荷時期は、約1か月待ち程度の模様。

宜しくお願いいたします。

| ガーディアン 高周波モデル | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トロイカ鈴 カスタムカラー×蝋引きレザー

さて、本日ご紹介するのはコレ
1_20170608202450205.jpg

白っぽく見えるブラックレザーは、蠟引きレザーです。
革の上から蝋を塗り込むことで、
使い込んでいくと、ピカピカの光沢ある革へと変わる、経年変化を楽しむレザー。

その革にカスタムカラーのベルを組み合わせた特別モデルです。

それでは、ベルのアップから

3_20170608202453fe0.jpg

プリンセスシルバーで、切り口のスリット部分はピカピカの仕上げになってます。

続いて

4_201706082024548de.jpg

ローズピンク。
ややベージュっぽいカラーリングに、お約束のスリットはピカピカ仕上げ。

このコントラストが、「いかにも」って雰囲気が出ております。

もちろん、全ての金具類も同色仕上げで、裏から見ても
2_201706082024510a1.jpg

こうなってます。

こんなベルを使い倒すと、メッキの剥がれや、革の光沢感など、

その人ならではの「味」のあるベルになることでしょう!

以上、トロイカ鈴のカスタムカラーのご紹介でした。

| トロイカ鈴 | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熊鈴 カノン 販売再開のお知らせ

大変長らくお待たせしておりました。

熊鈴 カノンは、4月上旬のシーズン前に「品薄警報」を発令しました、

ほどなく売り切れ。

1か月以上、商品がない状態でしたが、

在庫状況はほぼ、正常に戻りました。

カスタムカラーにつきましては、一部7月下旬ごろまで補充は無理ですが、

レギュラーモデルは、即日出荷が可能になっております。

よろしくお願いいたします、

| カノン | 09:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トロイカ鈴 カスタムカラー第2弾!

さて、本日は先日からの引き続きです。

前回は、黄金3部作をご紹介しましたが、

今回は、ベルの下地を和紙調のしたアレです。

そして、メッキは純銀・純銅・ニッケルとなってます。

それではご覧いただきましょう!
6_201706022026095b5.jpg

いつものように、ベル側面は独特の文様とカラーリングが、

いかにも只ならぬ雰囲気が漂う中、

スリットは、ピカピカの光沢が眩しい独特の雰囲気が出ております。

ベルの真ん中だけが鏡面になることで、ベルに立体感が出て、

さらに、中心のラインがシャープに引き立つので、

全く別物のベルのようにさえ感じてしまう仕上げになっております。

いつものように、全ての金具も同色仕上げで、

後ろからみても、この通り!

7_20170602202610144.jpg

それでは、手のかかるベル本体のアップをご覧いただきましょう。

まずは、ニッケル

8_2017060220261153f.jpg

続いては純銅メッキ

9_20170602202613833.jpg

そして純銀は

10_201706022026141e9.jpg

こうなっております。

純金は、前回の黄金3部作でご紹介してありますので、

本日は割愛させて頂きます。

さてと、

このカスタムカラー、

実は、まだ続きがありまして、

それはまた今度、ご紹介したいと思います。

以上、ブラスワンからトロイカ鈴のカスタムカラーのご紹介でした。

| トロイカ鈴 | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |