熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

サハリ製ベル 特大サイズの箱になった理由

お買い上げ頂いた方は、ビックリされたかもしれません。

このサイズのベルの化粧箱で、

たぶん、一番大きな箱ではなかろうか???

真っ白な光沢紙を貼ったこの箱 ↓

010_201311090819507ce.jpg

私自身も予定外の大きさに躊躇してしまう始末である。

どうしてこうなっていまったのか??

蓋を開けてみると、

009.jpg

たった1枚のA4サイズの紙が丸めて同封されてます。

非常に重要な書類で、

この紙1枚、あるかないかで、

将来的な価値がすごく変わってきます。

そして、

本体を納める桐箱を開けてみると、

こうなってます。

008_20131109081947f9f.jpg

まだ、ベルの全容が見えません。

ベルに同封されているのは、

柔らかく、しなやかな羊の革ケースに入った真鍮プレートが鎮座しております。

ケースから取り出してみると、

006.jpg

手にした瞬間、

想像以上のズッシリ感を体感することとなります。

買った人だけが分かる、ありがたい重みです。

そしてようやく現れたのが、

サハリ製のベルである。

005_20131109081945c3f.jpg

今回のリミテッドエディションのセット内容は、

付属品に気合が入りすぎた感もありますが、

ちょっとした理由があります。

この先、

数百年に渡って、

オーナーが変わり、

このベルが海を渡るかもしれません。

そんな想いも込めてのセット内容となってます。

桐箱は、日本の四季に合わせて湿度を保ってくれるので、

ベルの腐食に対するダメージを和らげてくれます。

厚い真鍮プレート製の品位証明は、1000年たっても文字が読める。

もちろん世界共通言語で内容が記載されてます。

そのときの、世界共通言語は、もしかしたら英語ではないかもしれませんが・・。

ただ1点だけの心残りは、

錫の含有量を示す、検査票は普通の紙。

単なる紙。

公共機関で発行される印刷物なので、

恐らく、100年もすると朽ち果てるでしょう。

この点は、ファーストオーナーさんご自身にて管理をお願いします。

それでは、

末永くお楽しみ下さい。

| リミテッドエディション3 | 08:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |