熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

最高級の鈴(ベル) 数々の国宝を生み出したサハリ製

非常識な最高級!

これがサハリ製の鈴(ベル)である。

きっと誰もが目を疑うことだろう!

高錫のみが解き放つ燻し銀の特別な色合いに。

しかも、なんでブラスワンなの??

「本当かよ~。ウソじゃね~の?」

そんな疑問もフツフツと沸いてくることでしょう。

サハリ製品と言えば、通常、美術商などで扱われる製品である。

足を踏み入れるにも躊躇する店構えは必然であり、

温度・湿度が調整されたガラス製のショーケースに鎮座するのが普通でしょう。

もちろん、直に手に触れることは許されず、白い手袋を装着して扱われる存在。

或いは、「オープンプライス!」なんて言って、

テレビの向こう側で愛でる物である。

そんな常識ハズレの最高級のサハリ製ベルを初公開です。

コレ↓

sahari.jpg

正真正銘の高錫の響銅ベル。

一般的にサハリといえば、画像の左側を想像されたと思います。

響銅(サハリ)とは、銅と錫の合金である。

銅の色合いは「赤金色」

錫の色合いは「銀色」

錫の配合が上がれば上がるほど銀色っぽくなるのは、ご想像通りである。

なぜ、一般的なサハリが左側の色かと言えば、

錫の純度が低く、製造の難易度が低いため、たくさんの流通が可能なためである。

今回、ブラスワンからリリースするサハリ製ベルは、

もちろん画像の右側に見える高錫サハリである。

その純度は20%以上。

サハリをご存知ない方から見れば、

「ふ~ん、それで・・・」程度でしょう。

ところが、サハリをご存知の方であれば、

「本当に本物か?、もし本物だとすれば・・・」と

逆に、疑いの視線を向けられることとなるでしょう。

ある意味、メンタルな部分で非常にシビアな製品となります。

過去に、「安物買いの銭失いを」ご経験されたコレクターの方もご安心ください!

品位証明をお付けして、正式にリリースいたします。

リミテッドエディションとしての販売となります。

毎回、お決まりの数量限定の再生産一切ナシ。

いつも通りのお約束となってます。

さらに、今回は、サハリの品格に合わせて、

かなり気合の入った製品仕様となります。

見た目は、普通のベルですが、

今回は、このベルのために「原型のから特別に製作」

つまり、レギュラー商品には無い、全く別の形状を持つことになります。

過去のリミテッドエディションの2モデルは、

レギュラー商品の「型」を用いて、特殊銅合金に製作したものである。

ある意味「型の使いまわし」でした。

しかし、今回は、

このモデル専用に特別に「型」を起こしました。

さらに、ベルの振り子も、このモデル専用の特別設計。

画像はコレ

sahari2.jpg

全てのディテールが特別なモデルとなります。

それでは、アップの画像をご覧いただきましょう!

心の準備はOKですか??

マジで、パソコン・スマホ・携帯の画質も確認!

指差し確認しました??

省エネモードも解除してね!

ワン・

ツー・

スリー~~~

これだ~~~!

ジャーん。

ちょっと手垢ついてますが、

本当の調度品です。

sahari3.jpg

数々の国宝に指定されてきた、

高錫のサハリ製。

錫の含有率20%以上の品位証明付。

続きは、またこの次に。

この秋には、正式リリースできると思います。

| リミテッドエディション3 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラスワンから、熊鈴の品薄警報発令!

毎日、暑いでね~。

日本各地で35℃を超える猛暑の中、

ブラスワンからお知らせです。

毎年発令される品薄警報。

例年ですと、ゴールデンウイーク前後に品切れ続出で、

今年は、なんとか綱渡り状態でやってきました。

が、しかし、

遂に本日発令!

対象商品:熊鈴 ガーディアン 全モデル。

オリジナルモデル(品番にORのつくモデル)は、本日で売り切れ。
スッカラカンです。

販売店には、僅かながら在庫があるかもしれません。

カラビナ仕様、その他、4Khzモデルは、若干の余裕あり。

在庫状況が安定するのは、今のところ8月上旬ごろの予定。

以上、ご確認をお願いいたします。

| 未分類 | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |