熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真鍮製熊鈴をピカピカに研磨してみよう!

bafu

工場の片隅の写真で失礼いたします。

真鍮製の熊鈴です。

この熊鈴は、約2年ほど、車の中でぶら下げていたそうで、

かなり黄ばんでます。

一般的には、真鍮独特の味わい(くすみ)が何とも言えない「良い感じ」ですが、、、

しかし、人によっては「単なる汚れ」

人の感じ方は、奥深いものです。

「渋い」と感じるか??

それとも、「汚れが気になるか?」

あなたは、どっち派??

ちなみに、私は「ピカピカ光沢」がお好みです!

さて、今回は、この熊鈴を綺麗ピカピカにする工程をご紹介してみましょう。

まず、ベルトをはずしてベル本体のみにします。

そして、ここで5馬力の「バフ」にご登場してもらいます。

bafu1

この機械で、綺麗に磨きあげます。

ベル本体が摩擦で熱くなるので、火傷に注意しながら磨きあげます。

CIMG2532_convert_20110523212931.jpg

下半分磨いた画像 ↑

なんだかツートンカラーになってます。

上半分はくすんだ真鍮で、下半分は「ピカピカ」

全部綺麗に磨きあげると、↓

bafu4


新品同様に「天井まで写り込む」ほど綺麗になりました。

くすみが気になる方は、

バフ研磨で磨いてください。

以上、真鍮製熊鈴のお手入れについてご紹介しておきます。

| 熊鈴(熊よけ鈴) | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グランフォンド富山(自転車レース)と熊鈴の販売店

「グランフォンド富山」ってご存知でしょうか??

私も、今日の今日まで知らなかったのですが、

とあるお客様からのお問い合わせで、

その詳細を知ることになった。

ご紹介しておきましょう。

なんでも、自転車の長距離レースで、

近頃は、日本全国で開催されているそうです。

そのイベントの富山県バージョンで、

日本各地のイベントに参加されてとのこと。

さて、自転車レースの話が、なぜ、私のところにやってきたかと言えば、

富山で開催される「グランフォンド富山」に参加した後、

ついでに「熊鈴を買って帰りたい」とのこと。

やっと納得。

ちょうど、正規販売店も公開したところなので、

お時間がございましたら、是非、お立ち寄りください。

まだ店舗数は少ないですが、専用ページをご用意しております。

ブラスワン正規販売店

をご覧ください。

それでは、富山にお越し頂いてお時間のある方は、お立ちよりください。

以上、お知らせでした。

| 未分類 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あの「熊鈴 サヨナラ熊さん」が、フルモデルチェンジ

「サヨナラ熊さん」 モデルチェンジについて

5月も中旬になり、熊が野山で活動時期に入ってきました。

もちろん、私の家の近くでも、すでに「熊出没」しております。

富山県のホームページでも日ごとに「熊出没情報」が更新されております。

さて、この度、「サヨナラ熊さん」は正式にモデルチェンジすることになりましたのでお知らせします。

紆余曲折を経て、経緯を説明すると大変長くなってしまいますので、

大雑把にご説明。

後継機種は2種類に「枝分れ」しておりますのでご注意ください。

1)高い音域帯を強調した「カノン」
2)単独行動者向けに音量強調した「ガーディアン」(間もなく発売予定)

この2種類になっております。

「高い音で、デカイ音」は、無理があり過ぎるので、

別々に商品化しました。

これに伴い、ホームページも一部変更になっております。

以前のページが削除されていたり、

新しい内容に変更になっていたり、

また、タイトルと内容が違っていたり、

ご迷惑をおかけしますが、

変更した内容が検索エンジンに反映されるまで、

しばらく時間がかかると思います。

ご了承ください。

以上、お知らせでした。

| 新型熊鈴 ガーディアン | 13:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熊鈴 ブランド刻印入りの熊鈴はどうだ!

sinfonia2

ゴールデンウイーク真っ只中!

今年の厳冬で、山菜も例年より成長が遅いようです。

私の住んでいる裏山では、ようやく蕨が採れました。

ウドはあと1週間ほど後が採りごろでしょうか??

そんな季節がら、先日より販売開始しました「カノン」にちょっと手を加える予定です。

ブランド名を入れるべきか??

それとも、無印で行くか???

どうでも良いことですが、

こんな細かいことが、妙に気になるこの頃。

そんでもって、刻印のイメージをいくつか作ってみました。

上記画像が、「カノン」のみ刻印したもの。

さりげなく、シンプルに自己主張しています。

そして、下の画像 ↓

sinfonia4


相変わらず写真の撮り方が下手くそですが・・


「sinfonia bell kanon」と入れたバージョン

こちらは、レーザーで入れてます。

ベルは真鍮のため、レーザー光を跳ね返してしまいますので、

高出力のハイビームを使います。

ちなみに、木や革に使うレーザー刻印とは、機種が全く違います。

今回は、試験的に入れてみました。

今のところ、プレミアムレザー仕様の物には、

刻印有。

廉価版は無印。

これで行こうと思っております。

ちなみに、刻印の有・無しで音は変わりません。

小ロットで300個だけ刻印を入れましたので、

プレミアムレザー仕様をご購入の方は、

今であれば、間違いなく「刻印入り」

しばらく、様子をみて、

反応が良ければ、継続も検討してみましょう!

カノンについては、

熊よけ鈴 カノン


をご覧ください。

以上、ちょっとしたGW中のお知らせでした!

神聖なる大自然に敬意を持ちつつ、アウトドアをお楽しみください!

| カノン | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |