熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

熊よけ鈴のトロイカ鈴を周波数別に検証 その2

toroika5

トロイカ鈴の検証実験 その2

前回は、ベル自体の個体差についてレポートしましたので、

概ねどれくらいの個体差があるのか??

ご理解頂けたかと思います。

そこで、今回は、その個体差をどのように組み合わせたら綺麗に響くのか?

実際に検証してみましょう!

1:画像の向かって左側のベル

発生周波数約4000Hz±20centのほぼ同じ音を出すベルを2個取り付けました。

2:画像向かって右側のベル(左右にライン有)

発生周波数約3500HZと4500HZの3度以上音階の離れたベルを2個取り付けました。

1はユニゾンのため、綺麗なハーモニーで響きます。

2は、どちらかと言うと、バランスが悪くぎくしゃくした音になってます。

「良い悪い」ではなく、「好き嫌い」の問題だと思いますが、

歌は音程があっているほうが、聞きやすいでしょう。

オーケストラ演奏も、やはり、音程のピッチがあっていて当然とされてます。

どちらが好きかは、それぞれのお好みですが???

私は、個人的に音の外した音楽より、

シッカリ調律された演奏が普通だと思ってます。

それでは、実際の音をお聞きください。

いつも通り、マイク性能が低いので音割れはご勘弁ください。



あなたは、どちらがお好みでしょうか???

ご意見のある方は、

熊よけ鈴のブラスワン

までどうぞ!

| トロイカ鈴 | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トロイカ鈴を、綺麗なハーモニーにしてみよう!

toroika4

ベルの個体差について今回はご紹介しましょう!

熊鈴としてご存じの方も多いトロイカ鈴です。

こちらの画像は、無作為に10個のトロイカ鈴を選び、

音の低い鈴 ⇒ 音の高い鈴 と並べたものである。

向かって左側が約3300HZの音を発します。

そして一番右側が4500HZという高周波を発生する鈴になります。

たったの10個を選んだだけで、3度以上の開きがあります。

熊鈴としては、このトロイカ鈴は通常2個が1セットになってますので、

もちろん、音が出るときは2個同時に鳴ります。

ここで重要なのは、この2個の鈴がそれぞれどんな組み合わせになるか??

これによって、綺麗に響くのか、

逆に、お互いが干渉して音痴になるか決まります。

このベルの容積は小さいので、サスティーン(余韻)はもともと短いので、

組む合わせが悪いと「ジャラジャラ」した音になります。

もっとも綺麗に響かせるには、完全1度にして、

ユニゾンにしてあげると、うねりと広がりが綺麗なハーモニーとなります。

また、音が高くなればなるほどサスティーンが短くなり、

逆に、音が低いほうが余韻が長くなるので、

組み合わせは慎重になります。

それでは、実際に、どれくらいの個体差があるのか??

ユーチューブにアップしましたので、ご覧ください!

カメラのマイク特性が低いので、音割れしてますが、イメージは伝わるでしょう!




分かります???

次回は、実際に、このトロイカ鈴をもっとも綺麗に響かせる試作品を作ってみたいと思います。

| トロイカ鈴 | 15:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |