熊鈴(熊よけ鈴)の最新情報

ブラスワンの【公式ブログ】 こだわり過ぎてウンチクたっぷりの真鍮製の熊鈴(熊よけ鈴)。今どき手作りです

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トロイカ鈴の音色を変えてみよう!

bell13


クリスマスのベルで、めっちゃ忙しかったトロイカ鈴のカスタム。

ついでに、沢山ピカピカに研磨したので、

この機会に、前からやりたかった、熊鈴の共鳴プレートを製作しました。

このトロイカ鈴は、通常、革ベルトに直接リベットで取り付けられるため、

どうしても、ベルのバイブレーションが、革に吸収されてしまいます。

当たり前と言えば、それまでですが????

ただでさえ、余韻が短く響かないのに・・・。

しかも、2個のベルが音階をめちゃめちゃ無視した組み合わせ。

チューニングのずれた楽器というか、フレット音痴のギターのよう!

早速、ロングサスティーンへ改良してみましょう。

まずは手始めに、共鳴を増幅させるべく、真鍮プレートにトロイカ鈴を取り付けて、

これを一つのユニットとして、革ベルトに取り付けることにしました。

名付けて「共鳴プレートユニット」

トロイカ鈴は全面鏡面加工でピカピカに、

真鍮プレートはヘアラインを入れて、やや艶消し、

そして真鍮カシメは、ピカピカ!

このコントラストが、実に美しいでしょう????

ついでに、かっこよくカシメにて4点止めにしてみました。

もちろん、使い勝手を考慮して、

どこでも下げやすく、取り付け可能なホック式の革ベルトを装着 。

ベルト幅は2センチ、ループは6センチもあるので、取り付けの自由度を大幅改善 ↓

bell12

これで、今まで腰ベルトにしか取り付けできなかった問題を、

無事に解決し、カバンやリュックなどにも取り付け可能!

見た目にも、かなり気にってます。

通常の「南部熊鈴」と呼ばれるタイプと比較してみましょう↓

bell11

使い勝手、ビジュアルもこれで満足、満足!

肝心の音は、これまた、今まで聞いたことがない音。

「ベルが鳴る」と言うより、

「共鳴プレートユニット」そのものが一つの音源となったような、

実にアコースティックな雰囲気のある音に仕上がりました!

エアー感と広がりのあるアコースティックなベルの出来上がり!

カバンに付けても、ファッショナブル!

山歩き以外でも、町の中で付けても違和感なしってところでしょうか???

次回は、汚い共鳴を美しいユニゾンサウンドへ挑戦してみましょう!

音痴からハーモニーサウンドへ挑戦です。

続きは、また、暇になったら更新!


| トロイカ鈴 | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トロイカ鈴を、綺麗なハーモニーにしてみよう!

toroika4

ベルの個体差について今回はご紹介しましょう!

熊鈴としてご存じの方も多いトロイカ鈴です。

こちらの画像は、無作為に10個のトロイカ鈴を選び、

音の低い鈴 ⇒ 音の高い鈴 と並べたものである。

向かって左側が約3300HZの音を発します。

そして一番右側が4500HZという高周波を発生する鈴になります。

たったの10個を選んだだけで、3度以上の開きがあります。

熊鈴としては、このトロイカ鈴は通常2個が1セットになってますので、

もちろん、音が出るときは2個同時に鳴ります。

ここで重要なのは、この2個の鈴がそれぞれどんな組み合わせになるか??

これによって、綺麗に響くのか、

逆に、お互いが干渉して音痴になるか決まります。

このベルの容積は小さいので、サスティーン(余韻)はもともと短いので、

組む合わせが悪いと「ジャラジャラ」した音になります。

もっとも綺麗に響かせるには、完全1度にして、

ユニゾンにしてあげると、うねりと広がりが綺麗なハーモニーとなります。

また、音が高くなればなるほどサスティーンが短くなり、

逆に、音が低いほうが余韻が長くなるので、

組み合わせは慎重になります。

それでは、実際に、どれくらいの個体差があるのか??

ユーチューブにアップしましたので、ご覧ください!

カメラのマイク特性が低いので、音割れしてますが、イメージは伝わるでしょう!




分かります???

次回は、実際に、このトロイカ鈴をもっとも綺麗に響かせる試作品を作ってみたいと思います。

| トロイカ鈴 | 15:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熊よけ鈴のトロイカ鈴を周波数別に検証 その2

toroika5

トロイカ鈴の検証実験 その2

前回は、ベル自体の個体差についてレポートしましたので、

概ねどれくらいの個体差があるのか??

ご理解頂けたかと思います。

そこで、今回は、その個体差をどのように組み合わせたら綺麗に響くのか?

実際に検証してみましょう!

1:画像の向かって左側のベル

発生周波数約4000Hz±20centのほぼ同じ音を出すベルを2個取り付けました。

2:画像向かって右側のベル(左右にライン有)

発生周波数約3500HZと4500HZの3度以上音階の離れたベルを2個取り付けました。

1はユニゾンのため、綺麗なハーモニーで響きます。

2は、どちらかと言うと、バランスが悪くぎくしゃくした音になってます。

「良い悪い」ではなく、「好き嫌い」の問題だと思いますが、

歌は音程があっているほうが、聞きやすいでしょう。

オーケストラ演奏も、やはり、音程のピッチがあっていて当然とされてます。

どちらが好きかは、それぞれのお好みですが???

私は、個人的に音の外した音楽より、

シッカリ調律された演奏が普通だと思ってます。

それでは、実際の音をお聞きください。

いつも通り、マイク性能が低いので音割れはご勘弁ください。



あなたは、どちらがお好みでしょうか???

ご意見のある方は、

熊よけ鈴のブラスワン

までどうぞ!

| トロイカ鈴 | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トロイカ鈴の音程を制御してみよう!

toroika6

ご存じ熊鈴の最高峰として君臨するトロイカ鈴。

あまりも個体差が大きく、3鈴型にすると音がバラバラに響いて、

個人的にはかなり耳障り。

そこで、今回は高周波4000HZを発生する3個の鈴を20セント以内に調整した物を取り付けて実験してみました。

もちろん、プロトタイプとは言え、取り付けに便利なホック式のボタンを装着し、

使用している革は、レザークラフトの職人が好んで使う「栃木レザー」を使用。

toroika7


今回使用した鈴のスペックは、

◆発生周波数 約4000HZ×3個

◆発生音量 軽く鳴らして98デシベル程度、最大105デシベル (3鈴型として)

◆ベル全面、傷取り鏡面加工

◆ホックはニッケルシルバー

それでは、実際の音についてユーチューブにアップしましたので、

ご興味のある方は、どうぞ!

お約束の「音割れ」はご了承ください。



プロトタイプは、早速、ホームページの裏ページにて販売予定。

音程を調整し、全面鏡面加工、さらに、3,8mm厚の本ヌメ革で、

恐らく、目ん玉飛び出る価格で大放出!



| トロイカ鈴 | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本初のカスタムカラー トロイカ鈴です!

toroika6

トロイカ鈴のカスタムカラーです。

どこでも見かけるゴールドと一味違うシルバーを作ってみました。

相変わらず、画像がしょぼくて、その美しさが伝わらないのが残念ですが・・・・。

光も物は、写真を撮るの難しいです!

カメラは素人なもんでご勘弁を!

恐らく、全くの推測ですが、

このトロイカ鈴のシルバータイプは、日本初かな???

勝手に思ってます。

実は、これ、あるお客様から 「特別に作ってくれ~」とお願いされ、

やってみた代物。

前代未聞ですワ・・・・。

めっちゃコスト高!

それでも、一般の小売でオーダーするより断然お安いです

toroika8

| トロイカ鈴 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT